アメリカ留学で得た知識とは
2019年4月12日

一味違う経験が出来る高校留学

最近では日本でもグローバル化が進んでいます。

学生の間では世界共通語である英語を学ぶことが当たり前になっています。大企業に就職するためにも英語が使えて損はないとゆう風潮もあります。幼い頃から英語に触れさせてバイリンガルにさせたいと考える人もいるかもしれませんが、日本語にあまり触れていない幼い子が長い間英語を学び続け話し続けてしまうと日本語を忘れてしますという可能性が出てきます。そこでピッタリなのは高校留学です。日本語の適応性も持っており吸収力も高いからです。

高校留学をすると日本では出来ない多くのことを学ぶことができます。語学力は常に現地の言葉を話さなければならなくなるので、日常会話であれば簡単に身につくことが出来ます。そして日本とは違う国の習慣やコミュニケーションの仕方などを学ぶことが出来ます。実際に生活をしてみると、気づくこともたくさんあります。普通の高校生とは一味違う経験が出来ることが大きな魅力になると思います。2年以上形骸に滞在し、現地の高校を卒業すると、そのまま現地の大学に入学する資格を得ることが出来ます。

日本だけの選択肢でなく、国境を越えた大学選びをすることが出来ます。そして日本に戻って大学へ入学するにしても、帰国子女用の入試方法もあります。入試が簡単になるわけではありますが、選択肢もしっかりと用意されています。日本の企業に就職するには、日本の大学のほうが有利と言われていましたがこれからはグローバル化していくので英語での討論もあり得ます。英語がスラスラ話せるのに越したことはありません。高校留学はこういった点でとても有利に働きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *